お中元を贈るにあたって注意すべきこと

お中元は、日ごろお世話になっている人や普段なかなか会えない人に感謝の気持ちを伝えることを目的とした日本の伝統文化です。一方で、お中元を贈るにあたってはおさえておくべき注意点が幾つか存在します。マナーを間違えて贈ってしまうとかえって信頼を失うなど、感謝の気持ちを伝えるどころか逆効果にあることもあります。大切な人との良い関係を継続的に維持していくためにも、そのマナーを事前に理解しておくことは重要です。

そもそもお中元を贈る時期は一般的には7月初旬から半ばとされていますが、地域によって期間が異なる点には注意が必要です。関東であれば7月初旬から半ばで良いですが、関西では8月半ばあたりまでであれば問題ありません。また、関東の方へのお中元が遅れてしまった場合、立秋までであれば「暑中御見舞」として、それ以降から9月上旬までは「残暑御見舞」とするのがおすすめです。なお、お祝いではないので贈る側と贈られる側のどちらかが喪中であっても贈って問題ありません。

ただ、忌中の場合などで気になるときには「暑中御見舞」や「残暑御見舞」などに変えるのが良いでしょう。さらに、贈る相手が政治家や公務員、公立学校の先生などである場合は注意が必要です。これは、物を贈るという行為自体が公職選挙法や公務員規定に抵触する危険性があるためです。良かれと思って贈ったことがかえって相手に迷惑をかけてしまう場合があるかもしれません。

注意しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です