お中元を贈る時期をしっかりチェック

夏の季節のご挨拶として、日本国内で根付いている文化の一つがお中元です。これは日頃の感謝の気持ちを贈り物として相手に届けることを目的としているのですが、お中元は季節のご挨拶となるので贈答のタイミングを外してしまうと、かえって相手に対して失礼になってしまう可能性も少なくありません。そのため正しい時期に相手に贈り物が届くように、最低限の基礎知識とマナーを身につけておくようにしましょう。そもそもお中元は、中国の道教における中元が仏教におけるお盆の行事と同じだったことから日本に広く伝わった由来があります。

そのため贈り物をする時期はきちんと決まっており、7月の始めから7月15日の中元までに贈ることが一般的だとされています。ただこれは住んでいる地域によっても大きく異なり、西日本においては8月の始めから8月15日までは贈答期間とされてきました。ただ近年になってから地方にかかわらず全国的に7月の中頃までに贈るように変化してきています。そのため出来るだけ早めに準備を初めて、適切な期間に相手に贈り物が届くように調節しておくようにしましょう。

ただお中元の期間中は先方が不在にしている場合もあるため、相手が自宅にいない際には7月15日を過ぎてしまうことも少なくありません。もし相手がその期間自宅に滞在していないことを知っているなら、お中元の贈り物につけるのし紙の表書きを変えることが大切です。8月の8日頃までの立秋までは、暑中御伺や暑中御見舞にすることが大切ですし、それ以降になってしまう場合は、9月上旬までに残暑御伺や残暑御見舞として贈る必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です