お中元の送り方はどうするの?

お中元は夏頃に感謝する相手に送るものですが、どのように贈れば良いのでしょうか。相手が好きなものをただ送りつけるだけでは、失礼に当たります。だから、最低限の礼儀をわきまえなければいけません。まずは時期に関する注意です。

地域によって開始時期や終了時期が異なるので注意しましょう。7月15日までに完了させるところと8月15日までに終わらせるところがあります。残念ながら統一されたものはないため、送り先に合わせるようにするしかありません。時期が決まったらデパートなどのお中元コーナーに行って、いろいろ選んで見ましょう。

気にいった商品の横にあるプレートやカードを持っていけば、購入の意志を示すことができます。必要な個数を送り先の情報と共に担当者にわたします。もし手紙も一緒に送りたいなら、この時に同梱してもらえるようにおきましょう。お中元は地域によって、開催時期が異なります。

そのため、相手の場所に応じた対応が必要になります。北海道と東海よりも西側の地域は8月15日までになります。関東や東北は7月15日までなので、早めに対応した方が良いでしょう。いずれの場合も、当ての手元に届くまでが重要です。

しっかり贈り届けることができたかを確認するのも重要です。最近ではトレーサビリティが発達しているので、いつ頃届いたかまでわかるようになりました。お中元ですから6月から始めると、十分な時間があると言えます。7月15日までに届くように、時間調整します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です