お中元を贈る時期は地域によって異なる

日頃からお世話になっている方へのお礼の気持ちを伝える手段の一つが、お中元です。感謝の気持ちを伝えるものであるからこそ、正しいマナーに従って贈りたいと思うことでしょう。相手に喜んでもらえるお中元を贈るために、是非とも考慮しておきたい一つの点は、贈る時期です。お中元は、日本全国同じ時期に贈ればよいというわけではありません。

それぞれの地域によって贈る時期が異なると言われているため、相手の住む時期に合わせて事前にリサーチしておくのがポイントです。大雑把に東日本と西日本に分けて考えた場合、1か月程度も期間が異なると言われています。また、一般のデパートや百貨店では6月頃から商戦が始まることでしょう。相手の住む地域を事前に確認し、時期が過ぎてしまってから贈ってしまったといったことにならないよう、十分に注意を払うことが大切です。

例えば、東北・関東地方では、7月1日から15日の期間にお中元を贈るのが一般的とされているのに対して、北海道・東海・関西地方、また中国地方や四国などでは7月中旬から8月15日の期間が一般的であると言われています。また、九州地方の場合は日本全国の中でも時期が最も遅く、8月1日から15日の期間に贈るのが一般的となっています。特に九州に住む方へ贈る場合は、お中元の期間が二週間程度しかなく、さらにお盆の時期とも重なってしまうため、贈り忘れがないよう十分に注意して贈ることができるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です