夏のご挨拶、お中元をいつ送る

元々は中国の風習であるお中元、7月15日を「中元」と呼び祖先を供養する日となっていたことが由来となります。それが日本に入ってきたことで仏教の風習と混ざって、お盆当たりの時期にお世話になっている人に感謝の気持ちを贈るという儀式へと変化しました。同じく夏の風物詩と言えば暑中見舞い・残暑見舞いもありますが、こちらは相手の健康を気遣うという意味を持つためちょっと違います。元々の中元の意味と同じく7月15日頃がお中元時期とはなりますが、地域によって少しずつ送る日にちに違いがあるため注意が必要です。

届ける相手の側の風習に合わせなければならないのです。どうせなら、いつ送るものなのか相手に尋ねるようにすれば間違いがありませんが、それが難しい場合には7月15日に届くようにするのが無難です。ちなみに、北海道は7月15日から8月15日頃・東北・関東だと7月初旬から7月15日となります。東海や関西・中国・四国のお中元は7月中旬から8月15日で、九州は8月1日から15日といった風になります。

北陸は地域によって時期が二手に分かれますし、沖縄だと旧暦の7月15日前後と実に様々、時期をずらしてしまうとせっかくの感謝の気持ちを伝える行事が逆に失礼に当たってしまうので気を付けなければなりません。ちなみに、時期を逃してしまったら暑中見舞い・残暑見舞いとして贈る手も使えます。意味合いはともかく相手を気遣う気持ちはきちんと届くはず、挨拶状を贈るというイメージが強い暑中見舞いですが品物を渡しても、決して失礼には当たりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です