お中元の基本とマナー

お中元は、日頃からお世話になっている人や目上の方に向けて感謝を込めて贈る夏のご挨拶です。感謝の気持ちと健康を願う気持ちをあらわすために品物を贈ります。時期は地域によって差がありますが、7月初旬から8月中旬までが基本です。中国から伝来した風習で、「中元」と呼ばれる7月15日はもともとは道教の教えに基づいて厄を払う日とされていました。

現在の中国では、お中元は祖先の供養と共に行われていますが、日本では仏教の風習と混ざり内容が変化し、お盆の頃に感謝の気持ちを伝える週間に変わったと言われています。お中元を贈る際に最も大切なのが、相手に対する日頃の感謝の気持ちです。金額の相場は、相手との関係性によって異なります。親や親戚のような関係は3、000円~5000円、お世話になった方や仕事関係の方は3、000円~10、000円くらいが相場だといわれています。

年によって金額に大きな差があったり、前年より低額な品物を贈ることはマナーに反します。お中元は毎年贈り続けるものなので、無理のない予算で品物を選ぶようにしましょう。選ぶ品物は、暑い日が続く夏を快適に過ごせるようなものが人気があります。ビールやソフトドリンク、そうめん、すいかやメロンなどのフルーツが定番です。

また、贈る相手の家族構成や好みに合わせて選ぶと良いでしょう。相手の方が一人暮らしであれば、日持ちするものや量が多すぎないものを選んだり、子どものいる相手には家族みんなでたのしめるようなものを選ぶなどの配慮をするのが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です