お中元についての知識

お中元は道教の年中行事である「中元」からきている言われています。これに日本古来の先祖供養の風習が重なり、親族などへ御供物を配る習慣ができました。その後、江戸時代には感謝している人へ贈り物を贈るものへと変化しました。そして、現代のように上半期を区切りにお世話になった人に贈り物をするようになったのです。

贈り物を贈る時期は、地方によって差があります。首都圏では7月上旬から15日までに贈るのが本来の期間でした。現在は6月下旬から7月の15日までに贈ることが一般的になっています。立秋をすぎると「残暑御見舞」「残暑御伺い」として贈るのが常識とさせているので注意しましょう。

古来の文化で御供物を送っていたこともあり、お中元には食べ物を贈ることが中心です。これはあくまでも古来の風習なので必ず食べ物でなければルールに反するということはありません。相手が喜ぶものを考えて贈ることが一番大切です。人気があるのは、季節を感じさせる夏らしいものです。

メロン、スイカ、桃、マンゴーなどの旬のものやアイスクリームやゼリーのような涼しげなスイーツがよく喜ばれます。他にも、花火や金魚、七夕などの夏のイベントをモチーフにした日用品もおすすめです。お中元は目下の人の方から贈るのが基本です。その場合お返しする必要はありません。

もし、目上の人からお中元をもらった時には感謝の気持ちをお礼状を添えることで表します。友人、兄弟、同僚には同等の品物をお返しします。基本知識をおさえて、感謝の気持ちを伝えるお中元をぜひ贈りましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です