フラット35は勤務形態や職業に関係なくどんな人でも借りることのできる住宅ローンです。融資は住宅金融公庫の業務を引き継いだ独立行政法人と民間の金融機関が提携しておこない、住宅の購入や新築、住宅ローンの借り換えなどに利用できます。リフォームに限定して融資を受けることはできませんが、中古住宅の購入と合わせてリフォームする場合は借入れできます。フラット35の特徴は原則返済期間が最短15年から最長35年と柔軟に設定されていることです。

また融資限度額は8000万円で、建設費用や購入価格、その際にかかる登記費用や仲介手数料も含めることができます。一般的に住宅ローンは連帯保証人が必要になりますが、その必要はなく保証会社への保証金も不要です。またフラット35だと、民間の金融機関だと借入時に加入を求められる団体信用生命保険への加入は任意のため加入できない場合でも借入れできます。利用するときの条件ですが、契約者本人については申し込み時の年齢が満70歳未満であること、原則日本国籍を有していることです。

外国籍であっても、永住者、特別永住者であれば利用できます。他には返済負担率の基準値が年収によって決まっているので、その値以下であることが求められます。用途は限定されており、本人、または親族が居住するための住宅を求める資金、建築費用として用いることが条件です。この他にもいくつか条件がありますが、フラット35のメリットは返済期間中金利が変わらないことです。

繰り上げ返済に手数料がかからないので少額からでも繰り上げ返済できるため、将来を見越した安定した資金計画やライフプランを立てることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です