新築戸建てやマンションを購入なさる場合、新しく家族を持った方が大半です。日本では特に新婚時期となる1年から2年の間で住まいを手に入れる方が多い傾向です。昨今は全国各地で大規模な宅地造成を実施しており、建て売りを購入したいという方も大勢いらっしゃることでしょう。平均的な100平方メートルの敷地であれば、約3500万円前後の価格となります。

住居を購入する場合、基本的にはローンを組んで資金を手に入れるものです。2001年から金融庁ではフラット35という固定金利の住宅ローンを用意しており、全国にある信用金庫やシティー銀行が受付窓口を担っています。このフラット35について簡単に解説をしていきましょう。既存のローンの場合は毎年金利が変動するのが特徴でした。

5パーセントから15パーセントの大きな振れ幅があるため、計画的な返済がおこなえないケースも発生していたものです。その点、フラット35は固定化をされているので安定した返済を実現することができます。フラット35だと年収が350万円以上でないと利用ができないという制約を設けられているのがポイントです。ここで活用できるのがペアローンであり、世帯主と伴侶が共同の名義となって申し込むこともできます。

規定の年収に満たない場合は、ご夫婦でペアローンを組めば、条件をクリアして資金の融通を受けることが可能です。または、二世帯住宅であれば親族も名義人に名を連ねることもできます。住宅ローンの必要書類のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です