マイホームを購入または、新築しようと計画されてる場合、住宅ローンを利用することが一般的です。住宅ローンの中でも、最近フラット35がテレビCMで目に付くことが多いと思います。フラット35は独立行政法人住宅金融支援機構の商品名ですが、ここではこの商品を利用する前に知っておきたいメリットとデメリットについて解説します。メリットの一つ目は持病のある方でも借りられるということです。

一般の金融機関の住宅ローンの場合、団体信用保険に加入できないと利用できません。何故なら、団体信用保険に加入していると、借入者が返済中に死亡しても、金融機関は保険会社から残債務の返済を受けることが出来るからです。この保険は一般の生命保険と同様持病がある場合は加入できず、結果として住宅ローンを利用することはできません。一方フラット35は団体信用保険に加入していなくても利用できます。

メリットの二つ目は金利が返済期間中ずっと固定で、上がることがないということです。一般の金融機関で借りる場合、変動金利で借りることが一般的ですが、将来長期金利が上昇すれば、変動金利も上昇する可能性があり返済の負担が増すことも十分あり得ます。一方フラット35は社会情勢の変化で長期金利が上昇しても返済の金利が上がることはなく、月々の返済額が増えることもありません。フラット35のデメリットは、原則債務者が死亡しても債務が残るという点です。

メリットで述べたように団体信用保険に加入しなくても借入できますが、その反面返済中に死亡しても保険金で返済されるということはなく債務が残ります。ただし、団体信用保険への加入は義務ではありませんが、持病がない場合は任意で保険料を支払い加入することは可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です