高層タワーマンションや新築建て売り住宅を購入する場合、多くの方が銀行や信用金庫といった金融機関を頼ってローンを組まれることでしょう。日本では国民に対して政府が用意をした住宅ローンを使用する権利を与えています。国内の全金融機関がその窓口を担っており、最長35年の返済期限付きのローンシステムとなっているものです。1970年に制定された制度であり、その内容はながらく変わっていません。

ところがこのシステムの場合、毎年市場の状況によって金利が変動をしており、5パーセントから15パーセントという大きな振れ幅を有しています。これにより計画的な返済がおこなえない方もいるのが実情です。2001年に金融庁では、新たにフラット35というローンも用意しました。そこでここでは、フラット35の詳しい概要について見ていくことにします。

このローンは平たくいえば、30歳までの若年世帯向けとなっているものです。先に述べた住宅ローンと同様に、新築の戸建てやマンションを購入するときに活用できますが、金利が固定化されているのがポイントです。一律8パーセントに設定をされており、市場状況の影響を受けないのが魅力になります。なぜフラット35が若年世帯向けなのかというと、支払い期限が35年間しか選べないからです。

そのため、年齢を重ねている方だとその条件をクリアでいないので利用ができません。また年収が350万円以上ある方と限定もされています。借入可能額の住宅ローンのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です