家族全員でくつろげる住まいが欲しいという思いは、どなたでもお持ちになっていることでしょう。日本では以前は公団などの集合住宅に入居をして、賃貸契約で住む場所を確保なさる方が多い傾向でした。ところが高度経済成長期以降は、多くの国民が豊かな暮らしを手に入れる環境が整い、マイホームを購入できるだけの経済力を持つようになりました。1980年代のバブル期には、都心部はもちろんのこと郊外でも大規模な宅地造成が開始をされ、戸建て住宅を購入して住むのが社会的ステータスになったほどです。

現在でも戸建てをはじめ、分譲マンションを購入なさる世帯が多い傾向は続いてます。一般的にはキャッシュで費用を支払うのではなく、住宅ローンを活用するのが基本です。このローンにはフラット35というものがあり、若い世代を中心に利用をされています。簡単にフラット35の魅力を解説すると、金利と返済方法が挙げられます。

ローンはどのようなスタイルでも金利が発生しますが、そのパーセンテージは市場の影響を受けて大きく変動をするものです。ところがフラット35の場合はその限りではなく、一律8パーセントとなっているのが特徴です。返済方法に至っては35年間を満期としており、月額の支払い金額が少額におさえられるのも魅力になります。フラット35は35歳までの方を対象とした住宅ローンです。

若年世帯が住まいを手に入れやすいように考慮をされたローンとなっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です