住宅購入の際に考えなければならないのが、住宅ローンについてです。住宅ローンは新築建売住宅や中古住宅やマンション、土地を含めた注文住宅購入に利用できます。住宅ローンはまずどこかの銀行で仮の審査を通した後、希望の銀行を決め、そこで本審査を通してから本契約になります。本契約までに、ローンの金利の種類を決めておく必要がありますが、金利の種類は住宅ローンを組む人が一番悩むところと言っても過言ではありません。

金利は大きく分けて変動金利と固定金利の2種類があります。変動金利は短期間で金利が変動し、全体支払額も予定から変わることがあります。対して固定金利は、長期間金利が変わらない仕組みです。銀行によってその期間はさまざまで、3年や5年、10年などもありますが、その期間が終わった後は自動的に変動金利になってしまうため、再度固定金利にしたい場合は、その変更時点での金利になります。

どちらも景気の乱高下に影響され、例えば好景気時にローンを組んで、のちに不景気になって給料が減ってしまい、ローンの支払いが滞ってしまうケースもあります。フラット35は、固定金利の一種です。住宅ローンは多くの人が35年で組みますが、フラット35は35年間固定金利という超長期ローンです。35年間金利が変わらないメリットとして、最初のローン契約時に全体支払額が判明するので、安定した生活を送りやすいです。

フラット35は多くの銀行で受け付けているので、選択の一つとして考えておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です