フラット35の大きな特徴は、金利が返済完了までずっと固定だということです。借入れする時点で、返済する総額が確定しますし、万が一借入れをした後に市中の金利が変動したとしても関係ありません。ずっと当初の金利のまま返済を続けていくことになります。このことはメリットにもなればデメリットにもなりえます。

例えば、フラット35で借り入れた後に市中の金利が上昇した場合、フラット35は固定ですから上昇した分の金利は払う必要がありません。これはつまりメリットになるということです。逆に、フラット35で借り入れた後に、金利が低下した場合は損することになります。市中の金利が下がってもずっと固定金利を続けなければいけませんから、損するということになります。

このように、固定金利にはメリットもあればデメリットもあるということをよく理解しておかなければいけません。要するに将来の金利が上昇していくならば、フラット35はお得ということですが、将来の金利の動向を予測するというのはなかなか難しいです。20年・30年先の金利がどうなっているかなんて誰にも分からないというのが正直なところです。ローンの金利に頭を悩ませたくないというのならば、無理して住宅ローンなんて組まない方がいいかもしれません。

何十年もローンに縛られて生活するよりも、賃貸に住んでいた方が気楽です。賃貸なら金利なんて心配する必要もありませんし、引越しするのも簡単でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です