個人で受ける融資の中でも、住宅ローンはその金額が高額なものとなっています。その決済を得るためには厳しい審査があり、まずその審査を受けるためと融資が実行される段階で提出を義務付けられた書類があるのです。融資元である金融機関に提出しなければならない必要書類とは、土地と建物の権利書や個人の情報が多数記載された物があります。これは、物理的に担保提供される物に充分な価値があるか、抵当権設定の順位を第一位とできるかの確認があります。

次に確認されるのが債務者となる個人に、融資を受けた後の返済が可能であるかという確認作業を行います。これは、住宅ローンの申し込みをした者が間違いなく本人であるかや、その収入が返済するために充分な金額を得ている等などになりす。では、その最終的に提出すべき必要書類にはどのようなものがあるかも知る必要があり、仮に住宅を新築する場合であるとして例示します。まず、物理的な確認のためのものですが、土地建物登記事項確認書及び構図があります。

建物部分の根拠として工事請負契約書と建築確認済み商の提出も要求されています。住宅ローンを申し込んだ本人の確認とその資格を証明するために、住民票及び使用される実印の印鑑登録証明があります。また、その収入を証明するために納税証明書なども提出すべき必要書類に含まれます。また、本審査を受ける際には金融機関だけではなく、信用保証会社も加わりますので過去に金融事故がなかったかの確認もされます。

そのような全てを用意し提出し審査に通ってから、住宅ローンの融資が実行されるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です