住宅ローンの金利には、「固定金利」と「変動金利」の2種類があります。そのどちらにもメリットとデメリットがあります。以下、2つの違いについて詳しく解説していきます。「固定金利」とは、借入当初の金利がずっと続くタイプです。

全期間型の代表として「フラット35」があります。このタイプは他のプランよりも金利が高い傾向にあり、期間は最長35年です。他にも、3年・5年・10年など期間を選択できるタイプもあります。全期間固定のものよりは金利が低いものの、期間が長ければ長いほど高くなるのが特徴です。

このタイプのメリットは、返済額が借入当初から完済まで一定なため、返済計画が立てやすいことです。反対にデメリットは、今の低金利時代の恩恵を十分に受けられないことです。今後、今よりもさらに金利が低くなったとしても、借入当初の金利のままで返済を続けていかなければなりません。「変動金利」とは、一定期間ごとに適用金利が見直され、借入期間中に金利が変動するタイプです。

住宅ローンの場合、通常半年ごとに見直されますが、その結果がすぐに返済額に影響するわけではなく、2つのルールがあります。そのルールとは「5年ルール」と「125%ルール」です。たとえ適用金利が上がっても返済額の見直しから5年間は月々の返済額は変動しないこと、見直し後の返済額は、見直し前の返済額の125%を上限とするというものです。このタイプのメリットは、他のタイプに比べて一番金利が低いということです。

反対にデメリットは、将来の返済計画が立てにくいこと、さらに金利が上昇し続けると返済額の負担が大きくなるという点にあります。住宅ローンの金利を選ぶ際は、以上のような特徴をよく理解したうえで選択すべきです。長期の返済計画を立てている人や、景気の情勢に左右されたくない人等は固定が、繰り上げ返済等で短期間で返済する予定のある人等は変動が向いていると言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です