念願のマイホームを取得するためには、多くの場合「住宅ローン」を利用することとなります。大変高額な買い物となるマイホームですが、低金利で長期間の融資を受けることができる唯一とも言える方法が住宅ローンであり、借り入れに伴って減税などの優遇を受けることもできることから、住宅を入手したい人にとってはありがたい存在です。実際に利用をすることを決めたときに、金利のタイプが2種類となっていて迷ってしまうこともよく聞かれます。固定金利と変動金利の違いや、双方のメリットとデメリットを確認した上で、納得のいく借り方をしたいものですので、しっかりと事前に調べておくことがおすすめです。

固定金利でも変動金利でも、どちらがより正解に近いのかという結論はありません。借り入れる方のライフスタイルや収入の状況、考え方によって適しているものを見極めるというスタンスが良いでしょう。固定金利は、基本的に返済期間中は一切の変更がありませんが、その反面変動金利よりもやや高目に設定されています。逆を言えば、変動金利はかなり低い場合があるものの、経済情勢の変化に伴って大きな金利上昇が合った場合に固定よりも割高となってしまうリスクが有る返済方法であるといえます。

住宅ローンの借り入れ期間は長ければ30年以上にも及ぶことが普通でもありますので、現在は低金利の変動で借りていても将来のことはわかりません。それをリスクと考えた場合には固定を選ぶことがベターですし、現時点での金利の低さの恩恵を受けたい場合にはその逆を選ぶという考え方となります。じっくりと住宅ローンについて比較検討するために、専門の情報を集めたサイトなどを利用して具体的なシミュレーションをすることもおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です