今日では、住宅ローンは頭金の有無に関係なく申し込むことができるようにしている金融機関が多くなっています。このため、住宅ローンの頭金はわざわざ用意する必要がないものだと思われがちですが、できる限り多くは用意しておきましょう。理由は、自己資金を用意できればできるほど、購入費用のうちのローンで賄う部分が少なくなり、返済の負担を軽くすることができるからです。住宅ローンの頭金の目安は、購入しようとしている住宅の価格に依存します。

国土交通省や民間の業界団体では、定期的にローンに関する調査を行っていますが、住宅購入者の多くは新築物件については価格の2割から3割、中古物件については価格の4割に相当するお金を支払っています。ただし、中古が新築より割合が高くなっているのは新築より価格が安いからで、金額にすると新築購入時と中古購入時とでは差が出ているわけではありません。先に住宅ローンの頭金はできる限り多く用意しておくべきだと述べましたが、実際に用意する際には集め方に注意が必要です。短期間に多くのお金をしようとすると、他にあてるべきお金が足りなくなってしまい、日常生活に支障が出てしまう可能性があります。

多額の住宅ローンの頭金を用意する場合は、ある程度長い期間をかけて少しずつ積み立てていくようにすれば、生活への影響を最小限にとどめることができます。ボーナスの支払いがある所で仕事をしているのであれば、支給時に限り多めに積み立てると良いでしょう。住宅ローンの頭金のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です