数千万円の高額な買い物ともなる住宅取得に関しては、現金で一括して支払うことができる方は多くはありませんので、住宅ローンを利用することが一般的です。そこで考えておきたいのが、頭金をどの程度用意しておくことが必要かという観点ではないでしょうか。フルローンといって、頭金を用意せずに全額住宅ローンで住宅購入を行うというケースも見られるようになっていますが、やはり返済のことを考えると計画的に頭金を用意しておくほうが安定的に返済を行っていくことができる可能性が高まります。通常は、住宅購入価格の20%程度を準備すると良いと言われておりますので、5、000万円の物件を購入予定であれば1、000万円となります。

このケースであれば、のこりの4、000万円分を住宅ローンを利用して返済をしていくこととなりますが、5、000万円をフルローンで返済していくよりもかなり余裕のある月返済額となることや、総支払額における利息分も減ります。つまり総合的に考えると、完済までの返済総額も大きく圧縮することができるという点が、頭金を用意することのメリットと言えるでしょう。もっとも、手持ちの資金をすべて頭金に使ってしまった場合には、引っ越しにかかる費用や家具家電の購入費、当面の生活に必要な資金が不足してしまうというおそれもあるものです。そのためにも、入居後の生活に必要となる資金はきちんと確保した上で、住宅ローンで借りる金額を確定していくことが大切となります。

夢のマイホームを実現するために、多少の無理をしてでもと考えている方も少なくありませんが、住宅ローンの返済は長期間におよぶため、安全マージンをおく確保して利用することを心得ておくことが得策です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です