家を建てたい、あるいは購入したいと考えたとき、住宅ローンを利用するのが一般的です。家は高い買い物になるので、現金一括購入というのは難しいケースが多いでしょう。そのときに銀行から借り入れ、長期にわたって低金利で返済していくのが住宅ローンです。住宅ローンは自分で銀行を探して契約してもよいですが、基本的にはハウスメーカーや工務店の担当者との打ち合わせの中で紹介してもらえることが多いです。

土地の持ち主やその土地を担当するハウスメーカー、契約の内容によっては、銀行をある程度の範囲からしか選べないケースもありますので注意しましょう。ある程度まで契約が進むと、ハウスメーカー担当者同席で、銀行の担当者との金利や住宅ローンの内容説明、融資の相談が受けられます。注文住宅で土地を購入する場合、家を建てる前から土地を購入する必要があるので、契約・ローン実行から入居までの土地の金額分の融資の相談も受けられます。融資を受ける契約者の健康状態や年齢によって、受けられる保険サービスも変わってきますし、年収や職業によって金利が異なる場合もありますので、質問があれば何でも聞くと良いです。

また、変動金利と固定金利について悩んでいる場合も、融資を受ける人の状況と家族の貯蓄によってどちらが良いか変わります。ハウスメーカーの中には、ファイナンシャルプランナーと契約している企業もあり、家の契約の前に大まかな返済イメージと毎月の出費の見直しなどを無料で相談できるケースもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です